スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ

上記バナーをクリックしてこの記事への投票を頂けると幸いです(^^)


メールでのお問い合わせはコチラをクリック
| - | | - | - | pookmark |

花粉症は5月半ばまで。。

 雨が降ったり、暑くなったり、皆様体調はいかがでしょうか?

ヴレクールは、はじめて、鼻炎のアレルギーになってしまいました。


普段は目が少しかゆくなるくらいで、鼻炎には縁がなかったのですが、


ここしばらくは、鼻詰まり、鼻水、さらにのどの痛み、

くしゃみや咳が止まらずにとても苦労をしておりました。

いまは、だいぶ良くなりました。


花粉症で困っていらっしゃる方の気持ちがわかりました。

ゆっくり頑張っていくしかないですね。私もこれで仲間入りかもしれません。


5月の半ばまでは症状は続くらしいですね。

5月はヴレクールも非常に忙しい時期なのですが、

今年は声もガラガラで、話し辛かったです。


5月は皐月(さつき)といいます。早苗を植える「早苗月(さなえつき)」が略されて

「さつき」になったという節もありますが、早苗の「さ」も耕作の「さ」が語源とされます。

漢字の皐月の皐には、「神にささげる稲」という意味があるため、

当て字になったようです。


考えてみれば、杉やヒノキが花粉を出すのは、自分たちの子孫繁栄のため。


出来る限り沢山、遠くに飛ばして、どこかで根付いてくれるのを願っている。


環境が悪くなれば、その環境に準じて、さらにもっとたくさん、花粉を飛ばしていく・・・。


植物の生命力の凄さに、感動することがあります。


そう思えば、我々人間なんてとても小さい。


地震や放射能も含め、今、色んな問題が起こっています。


その環境に応じて、何とか人間の底力をもって、生きていきたいと、願っています。


私たちも同じ世界を生きる物。


逆境や試練に負けずに、力強く、パワーを持って

自然たちをお手本にして、繁栄していくことを心から望んでいきましょう。


















人気ブログランキングへ

上記バナーをクリックしてこの記事への投票を頂けると幸いです(^^)


メールでのお問い合わせはコチラをクリック
| お花のお話 | 07:59 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

牡丹の花

 IMG_3878.jpg


ヴレクールの写真のプロフィールにもあります。


大好きな花、牡丹の花です。


今の時期とてもきれいな大輪の花を咲かせています。


「立てば芍薬(しゃくやく)座れば牡丹(ぼたん)歩く姿はユリの花。」

美人のたとえとしても使われます。


牡丹と芍薬の違いは、牡丹は、横に張る樹形で、木に花が咲く感じです。

芍薬は、まっすぐに伸びる、草。ユリとかと同じイメージです。


子どもの頃、はじめて、芍薬や牡丹の花を見た時、ヴレクールのイメージの中では、


薔薇の花が、一瞬にして、かき消されてしまうような衝撃を受けました。


それほど見事な、花でした。

着物の柄にも、良く描かれていますね。


牡丹の花ことばは、「王者の風格」「恥じらい」「富貴草」「百花の王」「壮麗」等。


中国が原産で、遣唐使が持って帰ってきたとか、弘法大師が見つけたとか、

日本に入ってきた所説は様々です。

枕草子には登場しています。



元々は薬用(漢方)として入ってきました。

根や樹皮の部分は、「牡丹皮(ぼたんぴ}として、大黄牡丹皮湯、六味地黄丸、八味丸など、

漢方薬の原料となり、ペオノール(消炎・止血・鎮痛などに効くようです)

中国の玄宗の時代には、楊貴妃と玄宗のロマンスを彩る、

ドラマチックな花となったそうです。



花の命は短くて。


いつも、お花を生けるときに、感じます。

草や木、そして花には素晴らしいエネルギーがあります。


一生懸命咲いている、お花のオーラに感謝しましょう。


ありがとう、いつも綺麗に咲いてくれて。


そして、いつも季節を感じさせてくれて、ありがとう。




人気ブログランキングへ

上記バナーをクリックしてこの記事への投票を頂けると幸いです(^^)


メールでのお問い合わせはコチラをクリック
| お花のお話 | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

輝く彩の季節のはざまで


ヴレクールは歩くことが大好きです。

時間があれば、いろんな場所に歩いて出かけます。


そして、肌と心で季節を感じとります。


特に秋は、花や実が実る季節です。

 
自分の波動を、季節や自然との波動に合わせることが大好きなのです。



私のストレス発散法の一つです。



自分自身を一度リセットするような感覚です。


季節の移り変わりの中で、自分の波動を、草や木や花と調和させる。




ねぇ、こっちを見て、私一生懸命咲いてるのよ。

IMG_6679.jpg




ほら、思い出して、この匂い。私よ。

IMG_0397.jpg





花や木の、おしゃべりが聞こえてきます。


それに気づく瞬間が、大好きなのです。



この世に、この地球という惑星の与えられた生命として、

生きている全てと一体になって、


この瞬間、一緒に、そこにいるのです。


自然を心で感じた時、奇跡のように思えるときがあります。



全宇宙の中では、自分の存在なんて微粒子のようなもの。


だからこそ、今生きているこの瞬間を目いっぱい、

はかなげな、草や木や花に目を向けて、

耳をすませて、匂いを肌や心で感じる。


五感を研ぎ澄ますような感じです。


だれにも迷惑をかけず、自分自身自然の一部となり、


同化していく。。。


とてもすっきりします。


皆様も一度、感じてください。


自然そのものと自分自身の素晴らしさを・・・。





さて・・久しぶりにどんどん創作意欲がわいてきました。


IMG_7816.jpg














人気ブログランキングへ

上記バナーをクリックしてこの記事への投票を頂けると幸いです(^^)


メールでのお問い合わせはコチラをクリック
| お花のお話 | 14:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

ひまわり

 ゴールデンウイークに、東京で、友人と再会した時に、


ヒマワリの種を、プレゼントしました。


そうしたら、彼女から写真が送られてきました。



「ヒマワリが花を咲かせました」


100630_150256.JPG


素敵ですね。

ヒマワリの花ことばは「あなたは素晴らしい・あこがれ・熱愛・光輝・敬慕」です。

原産地は北アメリカで、高さ2〜3メートルまで成長します。


ギリシャ神話にもヒマワリは登場し、海の精クリテイが太陽の神アポロンに

恋をして、遠くから見つめているうちに、ヒマワリになったという物語があります。


日本語で「向日葵」と書かれるように、太陽の動きにつれてその方向を追うように、

花が回ると言われたことからですが、実際に太陽を追って動くのは成長が

盛んな若い時期だけで、つぼみが大きくなり花が開くころには成長が止まるため

動かなくなると言われています。


種を食べたり、絞ったりしてヒマワリ油としても利用されています。

目で見ても綺麗で、夏を象徴するお花です。


ヴレクールは、ヒマワリを見ると、思わず顔がほころびます。

そういう意味で元気を与えてくれる花です。



いよいよ夏ですね。


皆様、身体をいたわりながら、夏を楽しみましょうね。








人気ブログランキングへ

上記バナーをクリックしてこの記事への投票を頂けると幸いです(^^)


メールでのお問い合わせはコチラをクリック
| お花のお話 | 16:33 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

立葵(たちあおい)

100615_1025~0001.jpg 

立葵(タチアオイ)と言う花です。


梅雨の時期になると、よく見かけます。

芙蓉の花や、ハイビスカスにとてもよく似ています。

一本の茎にたくさんの花を咲かせ、2メートルを超える高さまで

背が伸びる草花です。

花言葉は、飾らない愛、気高く威厳に満ちた美、豊かな実り、平安、高貴、大志です。


花の色も赤やピンクや黄色、白色もあり、凛として咲いてくれます。

別名ツユアオイ(梅雨葵)とも言われ、最初の花が咲くころに、梅雨入りをし、

背が伸びて、一番上の花が咲くときには、梅雨が明けると言われています。


この花はアオイ科・アルテア属で、古代ギリシャ名の治療と言う意味があり、

この花に薬効成分があることに因んでいるそうです。


雪解けとともに地表に青々とした大きな葉っぱが現れその生命力は見事です。


自然と一体となっている、草花や木には教えられることがとても多いです。


最近は、気象庁の梅雨入り宣言も梅雨明け宣言もあまり当てになりません。



梅雨の季節になりました。


不安定な気候がここ数年続いています。

さあ、一番てっぺんのこの花が咲くときに、果たして梅雨明けはあるのでしょうか。


そう思って花を観賞するのも、楽しみの一つです。

ゆっくり頑張りましょう。












人気ブログランキングへ

上記バナーをクリックしてこの記事への投票を頂けると幸いです(^^)


メールでのお問い合わせはコチラをクリック
| お花のお話 | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

春の訪れ

 今日の朝は、うぐいすの鳴き声に起こされました。

春を告げる鳥ですね。

ずっとお天気が悪く、寒かったですが、ここ2日ほどは

良いお天気になっています。

花冷えの時期ですね。


この時期は、辛夷(こぶし)の花と、白木蓮の花が咲いています。

良く似ているの二つの花ですが、

初めてこぶしの花を見たときは、失礼ながら、

ティッシュがたくさん木にくっついているのかと

思いました。


つぼみが開く直前の形が子どものにぎりこぶしに似ているところから、

この名前になったらしいです。


白く清楚な花なのですが、花弁の幅が狭く、全開するので、

そっくりかえった花弁が、テイッシュのように見てました。

花の下に小さい葉っぱを一枚つけています。

花言葉は信頼、友愛です。

image001.jpg




こぶしによく似ている白木蓮ですが、やはり白くて清楚な花ですが、辛夷と違って

花弁の幅が広く、厚みがあり、花は上向きに閉じたような形で咲きます。

花弁が全開しないのです。

だから辛夷と違って、開花している時の風景は、白い小鳥がたくさん木に

止まっているように見えます。

テイッシュとは大違いですね。

花弁は太陽に光をうけて、南側が膨らむそうですよ。

そのため花先は北側を指すそうです。

花言葉は、自然への愛、持続性だそうです。

違いが分かりますか?

ヴレクールにはよくわかります。

hakumo6.jpg

花粉の季節でもありますが、やはり自然のお花はとてもすがすがしい気持ちにさせてくれます。


春に向けて色んな計画を立てていきましょうね。





人気ブログランキングへ

上記バナーをクリックしてこの記事への投票を頂けると幸いです(^^)


メールでのお問い合わせはコチラをクリック
| お花のお話 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

桜咲く

 100308_0949~0001.jpg


朝の10時頃に、大阪の梅田を歩いていたら、なんともう桜が咲いていました。

郊外と違って、大阪は地下街が充実しているので、

滅多に外は歩きません。

たまたま、地上に用事があり、少し雨曇りの外を見上げたら、

細々しい、桜の木が満開。

少し感動すると同時に、毎年季節は必ず巡ってくるという自然に感謝。


これからは、どんどん桜の開花情報の流れる時期になってきます。

花の命は短くて・・・。桜を見ているといつも思います。

満開になりそうな一番きれいな時期にとっても雨が多く、

子どものころから、ああ、この雨でもう桜も散ってしまうのかな・・・と

いつも寂しく感じていました。


花言葉は、心の美しさ、精神の美、優美な女性です。

日本で桜は最も一般的な花であり、最も愛されている花です。

サクラの花は往々にして葉が出そろう前に花が咲きそろう。

この「何もないところに花が咲く」という状態に、

古来生命力の強さを感じたものと思われています。


桜のパッと咲いて、パッと散る潔さが、いいといわれているのでしょうね。


春はいつ迎えても、ワクワクします。

新学期、新入生や新入社員。新しい時代の始まりです。

一つの大きな節目です。

桜吹雪の舞う季節はもうすぐです。

花粉症のアレルギーのある方には厳しい季節になりますが、

皆様、自分の体をいたわりながら、この新しい春の季節を

ゆっくり満喫しながら、頑張っていきましょう。

人気ブログランキングへ

上記バナーをクリックしてこの記事への投票を頂けると幸いです(^^)


メールでのお問い合わせはコチラをクリック
| お花のお話 | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

福寿草

 
100218_1221~0001.jpg


春の使者と言われる、福寿草が我が家の庭に、また今年も顔を見せてくれました。

その名の通り、福・寿「幸福と長寿」なので、

春が近いと思うと同時に、とっても幸せな気持ちになります。


花言葉は、「永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福」です。

2月から3月に咲き、日があたると開き、日が陰ると閉じます。


春を告げる花の代表で、元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)

とも呼ばれます。

福寿草という和名も新年を祝うという意味があるそうです。


とってもおめでたい、お花ですが、根が牛蒡のようにまっすぐで

太いものをたくさん持っていて、毒性があります。

初めは、ふきのとうに似ているので、食べないように気を付けてくださいね。


毎年福寿草を見れば、今年も一年素晴らしい年になるようで、

ワクワクします。


このブログをご覧の皆様にも、たくさんの幸福が訪れて、

この一年がワクワクするように過ごしていきましょう。

















人気ブログランキングへ

上記バナーをクリックしてこの記事への投票を頂けると幸いです(^^)


メールでのお問い合わせはコチラをクリック
| お花のお話 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

10月になりました。感謝。

 早いもので今年ももうあと3カ月を切りました。

ヴレクールのこのブログも4月28日に立ち上げてから、約5か月がたちました。

お陰様でいつの間にか、知らない間に、人気占いブログランキングの上位の仲間入りをしました。

これもひとえに、このブログをいつも見て下さっている、

皆様の応援や支えがあってからこそだと、思っております。

本当に有難うございます。感謝です。


これからも幸せになるための、言霊や気づき、不思議なことをどんどん解明して、

元気や勇気、色々なことを、皆様にこのブログを通じて届けたいと思っております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。



さて10月の意味は、今まで自分のしてきたことを今一度見直し、取捨選択して

来るべき冬に備えて、蔵に入れる作業をする月です。


今年を振り返り何をされてきましたか?

そろそろ今年の結果が出ている人もいます。

満足のいく結果が出ていますか?


もし出ていなければ、それは少し今年の種まきが違っていたのかもしれません。


大丈夫ですよ。また、春は巡ってきます。

やり直しは何度でも出来ます。

毎年咲く花のように、ゆっくり頑張りましょう。


このブログをご覧の皆様は、かならず幸せになります。




090926_1315~0001.jpg

毎年咲くお花といえば、9月末ごろ満開だった、公園に咲いていた彼岸花です。

子どもの頃、お墓や、田んぼに目の覚めるような、まるで赤い血の色のような絨毯を

引きつめていたように咲いていました。

都会育ちのヴレクールには、とても神秘的に見えました。

毒性があるので、昔、土葬であったお墓に、虫や動物が荒らしに来ないように、

植えられたと言います。

今では家の近くの公園に沢山植えられています。

別名、曼珠沙華、死人花(しびとばな)とも幽霊花(ゆうれいばな)、地獄花(じごくばな)とも言われ、

忌み嫌われているようですが、韓国では、彼岸花は花と葉が同時に出ることがないため、

花は葉を思い、葉は花を思うという、「相思華」というようです。

彼岸ごろ咲くから、彼岸花ですが、彼岸とはサンスクリット語のようです。


花言葉は、「悲しい思い出、想うはあなた一人、また会う日を楽しみに」です。

燃え盛る炎のような紅い花の色せいか、

家に持って帰ると火事になるといわれることもあるようですが、

黄色も白色もあるのですよ。

ちなみに家の近くで咲いていた、白い彼岸花です。


みなぎる力が、はじけたような、とても勢いがあり、見ていると元気が出るお花です。

090926_1314~0001.jpg



人気ブログランキングへ

上記バナーをクリックしてこの記事への投票を頂けると幸いです(^^)


メールでのお問い合わせはコチラをクリック
| お花のお話 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

芙蓉の花(酔芙蓉)

090908_1105~0001.jpg 

最近忙しくて、あまり風景を眺めながらの移動をする余裕がなかったのですが、

朝方、久しぶりにゆっくり歩いていたら、この芙蓉の花を見つけました。

それも、たくさん咲いている、八重の酔芙蓉(すいふよう)です。


普通の芙蓉は7月から8月頃咲きますが、

この酔芙蓉は少し遅く9月から10月頃に咲くのです。


これ不思議なんですよ。ご存知の方も多いと思いますが、

朝は白い花の色で咲きはじめ、お昼はピンク色、夜は紅色に花の色が変化します。

まるでお酒を飲んで、紅くなっていくようなので、「酔芙蓉」というのです。

中国では、酒に酔って頬を染める、楊貴妃に例えたりしています。


一重と八重があります。

花言葉は「繊細美・しとやかな恋人・微妙な美しさ、富貴」です。

南国の花ハイビスカスとおなじ仲間なのですよ。


中華料理の芙蓉蟹は、卵がこの芙蓉の花みたいになるところからつけられたと言います。


一日花なので、生け花としては使いませんが、茶花としては、使用されてきたそうです。

お花はいろんな意味で、ヴレクールの心をいやしてくれます。

そしてひらめきも与えてくれます。


久しぶりに、ゆっくり移動ができて、きれいな花を見ることができて、いい気持の日でした。

私たちが生かされている、この自然に感謝します。


3時過ぎの先ほどの酔芙蓉です。


090908_1542~0001.jpg

人気ブログランキングへ

上記バナーをクリックしてこの記事への投票を頂けると幸いです(^^)


メールでのお問い合わせはコチラをクリック
| お花のお話 | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
運命鑑定
メール鑑定/対面鑑定・電話鑑定(予約制)
※メールでの事前連絡をお願い致します



New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
人気ブログランキングへ
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
AK QLOOKアクセス解析
Sponsored links